• ホーム
  • 性病の予防にコンドームが効果的!

性病の予防にコンドームが効果的!

悩んでいる男性

性病の多くは体液や血液などの感染源が性器や他の粘膜と接触することで伝染するので、感染予防のためには男性がコンドームを着用すると効果的です。それは避妊具で病気の伝染を防ぐためのアイテムではありませんが、性病を予防する目的でも男性が着用することができます。

性行為の際に男性がコンドームを正しく着用することで、血液や体液が相手の粘膜に接触するのを避けることができます。コンドームを用いて性病を予防する場合の注意点は、避妊の必要がないオーラルセックスの際も男性が着用する必要があることです。性器性交の場合は避妊のためにコンドームを着用しても、オーラルセックスでは避妊具を使用しないケースがあります。一部の性病は口や喉(のど)の粘膜を通して感染するので、性病を予防するためには妊娠とは関係なくコンドームを正しく着用することが必要です。性病の病原体は性器以外にも直腸や口を通しても感染する恐れがあるので、口や肛門であっても体液や血液と接触しないように注意しましょう。

男性の中には、知り合った女性と性交渉をする場合や性風俗店を利用する際にコンドームの着用を嫌がる人もいます。このような行為は、自分だけでなくて相手も性病に感染するリスクを高めてしまいます。マナーとして性行為の際に病気の伝染を防ぐために心がけることは非常に大切で、妊娠する可能性のないオーラルセックスでも予防するための処置を講じるべきです。男性がコンドームの着用に同意しないのはマナー違反で、女性であればそのような男性と性交渉を避ける必要があるでしょう。

避妊や性病予防が目的でコンドームを着用する場合には、正しく装着することも大切です。サイズが合っていないと性行為の途中で外れてしまったり、破れてしまう恐れがあります。ゴムは時間が経つと劣化して破損しやすくなるので、製品ごとに使用期限が定められています。あらかじめ、使用期限内であることを確認しておく必要もあります。薄いゴム製品は小さな傷でも破損の原因になる恐れがあるので、開封後は表面に傷をつけないように丁寧に扱うようにしましょう。

HIVや他のいくつかの性病はコンドームを正しく着用することで感染を予防することができますが、梅毒や尖圭コンジローマのように性器以外の病変部に触れるだけで感染するような病気があります。性感染症の中には、血液や性分泌液以外の経路で伝染するケースがあることも理解しておきましょう。