• ホーム
  • 性病に感染しているとエイズになる可能性が跳ね上がる

性病に感染しているとエイズになる可能性が跳ね上がる

薬を飲んでいる男性

HIVはウイルスが多く含まれている血液や体液などの感染源が他の人の血液に侵入することで、人から人にうつるという性質があります。ウイルスを含む体液や血液などの感染源に触れたとしても、血管に侵入しなければ感染は起こりません。皮膚は外部のウイルスや細菌から防御するという重要な働きをしているので、健康であれば性行為を通してHIVがうつる確率は1%かそれ以下です。ところが何らかの原因で肌が荒れていると十分な防御作用を発揮することができず、ウイルスが血管に侵入して感染率が高くなってしまいます。

皮膚が荒れている場合以外でも、HIVの感染率が高まるケースが存在します。淋病やクラミジアなどの性病を発症すると、性器や泌尿器の粘膜で炎症が起こることで免疫力が低下します。粘膜の免疫力が低下すると、HIVに感染するリスクが高まることが知られています。女性がクラミジアに罹って膣や子宮口に炎症が起こると、健康な場合と比べてHIVに感染する確率が4~5倍に上昇するといわれています。

性病の主な感染経路は性行為で共通しているので、検査をしたら複数の病原体に重複感染をしていたというケースは珍しくありません。性病の中には、早期に発見すれば薬を飲むだけで簡単に完治させることができるものがあります。それでも発症中は治療が難しい他の病気のウイルスに伝染するリスクが急激に高まる恐れがあるので、十分に注意を払うべきです。

医学が進歩した現代では、クラミジア感染症や淋病などの性病で命を落とすケースは稀です。それでもエイズは完治させることができず、薬を使って発症を遅らせる方法しか手段がありません。完治が可能な性病ででも治療せずに放置すると、エイズのような危険な病気に感染して命を落とすリスクを高めることになってしまいます。命に関わる恐ろしい病気に感染しないためにも、性病を早期に発見して治療をすることが大切です。

クラミジア感染症や淋病などの性病は初期症状を発症しても自覚症状が出にくいので、気づかずに放置されるケースが少なくありません。自覚症状が出ない病気だと治療が遅れて、重症化したり他の性病に感染する恐れがあります。他の病気に感染するのを防ぐためには、病院や保健所などで定期的に検査を受けることが大切です。保健所はHIVや限られた種類の性病の検査しか実施していませんが、性感染症を専門とするクリニックや病院であれば多くの種類の病原体の検査が受けられます。