• ホーム
  • カンジダにならない為には生活習慣を見直す

カンジダにならない為には生活習慣を見直す

カンジダは主に女性の膣や周辺に発症する性感染症で、カンジダ菌と呼ばれる真菌が増殖した時に炎症が起こります。カンジダ菌は健康な人に棲みついている常在菌のひとつで、普段は人体に影響を及ぼすことはありません。何らかの原因で免疫力が弱くなったり、体内の細菌バランスが崩れた際に繁殖する場合があります。免疫力が弱くなる原因として、生活習慣や病気などが考えられます。女性の膣でカンジダ菌が繁殖が起こると炎症(膣炎)を発症して、強い痒みやおりものなどの不快な症状が出ることがあります。

カンジダ菌は性行為によって感染する場合もありますが、常在菌なので性病とはみなされません。性行為の経験がない女性でも、別の経路で感染するケースがあるからです。

カンジダ膣炎を発症した際に、症状が軽度であれば自然に治癒するケースがあります。それでも不快な症状を早く改善したい場合には、治療薬を用いて積極的に治療をすることが可能です。カーネステン膣錠はカンジダ症の代表的な治療薬のひとつで、この薬の有効成分としてクロトリマゾールが配合されています。クロトリマゾールは病原体の増殖を抑えるための抗菌薬で、異常に繁殖した病原菌を殺菌する効果を持ちます。カンジダ菌は常在菌の一種なので死滅させる必要がなく、炎症が収まった時点で完治とみなして治療を終了させることができます。

発症した場合はカーネステン膣錠で治療をすることができますが、治療後は再発を防ぐことが大切です。再発を予防するための有効な方法は他の性病のように感染を防ぐことではなく、免疫力を低下させないようにすることがとても大切です。

他の病気に罹っていたり抗菌薬を服用することで、体の免疫力が一時的に弱くなってしまう場合があります。病気以外にも免疫力を弱める大きな原因として、ストレス・偏食や不規則な生活リズムなどのライフスタイルが挙げられます。免疫力を強めるためには、日頃の生活習慣の見直しをすることができるでしょう。病原菌は真菌(カビの一種)で高温多湿の環境を好むという特徴があるので、気温の高い季節に通気性の悪い下着を着用することも再発の原因になる場合があります。

若い人でカンジダ症の再発に悩んでいる場合は、生活習慣の見直しをしてみるようにしましょう。気づかない間に仕事のストレスが溜まると免疫力が低下する恐れがあるので、仕事と私生活を分けてストレスを上手に解消することも大切です。